DSC_1475

ゴルフコンフォートの”kohji-yasue”あらわる

こんにちわ~~~
東海ゴルフダイジェストのヤーマンです(^^)/

今日は中部地区ではじまった弊社ビックイベント!
『全日本ダブルス選手権 中部予選➀』の取材に
三重県四日市市にあるグレースヒルズカントリークラブにきてまーーす!

今年から中部地区は予選会場が4会場に増えたんです!

というのも、
「東海地区のゴルフ熱は全国でNo.1ッス!」
って東京にいくたんびに言いまくっていたヤーマン(^-)

そのかいあってみんなに競技というゴルフも
楽しんでもらえたらな~って思ってね(^-)

ヤーマン個人的にはゴルフ場のご飯のほうに興味ありますが。。。

さておき、
みなさん昨日発売の週刊ゴルフダイジェスト見てくれましたか?

スライド1

今回の巻頭特集『人生が変わるシャフト』に
東海地区のゴルファーが”でら”出まくってること知っていましたか?

02-03

人生が変わるシャフト・・・・

そう、要するにリシャフトの話なんですけど
今回は新作シャフトを紹介するだけの単純なものではなく

なぜ、この人はこのシャフトを使い続けているのか?
なぜ、あえて古いシャフトを使っているのか?
なぜ、人によって合うシャフトが違うのか?

という人たちを取材しているんです

04-05たとえば・・・
ここに登場する2名はまったくの正反対

右の羽飼さんは『アッタス3』⇒『アッタス5』

でも早川プロは『アッタス5』⇒『アッタス3』

にシャフトを換えたら飛んだっていうんです!

ちなみに早川プロは『でらうま』の連載をしてもらっているプロでもあります(^-)

てか、それだけじゃ~~よくわからんですわね。

そこで登場するのがこの方!!

じゃじゃーーーん!

DSC_1475

名古屋在住の知る人ぞ知る
カリスマクラブフィッター

”kohji-yasue”(コージー・ヤスエ)

そういえば、コージー富田も愛知県の人?

先週、千種区の水道局のイベントに言ったら
吉幾造のモノマネやっとったわ~(^^)

って、ヤーマンかんけーねー話すんじゃねーっつーの!

すみません。

てか、ヤーマン!
クラブフィッターってどういう仕事なんだよ!

そうですよね~~

簡単にいうと・・・・

クラブフィッターとは
その人のスウィングにもっとも最適なクラブはなにかを見極め
アドバイスしてくれる人のことをいいいます。

全国的に有名な人でいうと
マーク金井さんや、QP関プロ、鹿又さんなどがいますが
名古屋にも彼らに負けないというかひょっとしたら彼ら以上の
フィッティングをしてくれる!?のがコージーさんなんです!

ヤーマンもチョイス編集部、週刊編集部といろいろな方々とお会いして
お話させていただきましたが
コージーさんはシングルさんでもありますが
なんともクレバーな方という印象があります。

まあ、あとはなんといってもコージーさんは
『酒好き・メシ好き・研究好き』
の3点がそろっているところもヤーマンとソックリそのまま同じだしね~!

ちょっとまて!
酒とメシはわかるけどヤーマンは研究好きじゃねーだろ!
オマエが好きなのは女だろが!

え~~そんなことないですよ~
女性をしっかり研究してますから~(^-)

ちなみに、コージーさんは名古屋市天白区にある
ゴルフコンフォートさんにいたりいなかったりするので
TELしたほうがぶなんかと思います(^-)
TEL:052-806-8768

さておき、本題のシャフトですが
なかなか自分に合うシャフトがわからないという方もいますが
今回は実験ということで重さと硬さについて
自分に合うのはどんなものかというテストもやっております

14-15

おっ!!!
後ろのおねーちゃんはだれだ!!!!!

DSC_1777

カワユシ!!!!!

詳しく知りたいかたは今週号をごらんください(^-)

いまからダブルスのアテストいってきまーっす1

じゃ!

  • LINEで送る
この記事を書いた人
ヤーマン
thumbnail-writer-yaman
生まれも育ちも名古屋仕込み。大学卒業後、広告代理店でマーケターとして働く。その後、某ゴルフ誌の編集者になり多くのツアープロを取材する。しかし「ゴルフの奥深さをもっと追究したい」という思いが芽生えゴルフダイジェスト社へ転職。チョイス編集部に配属されギアの知識や全国各地の職人さんや見識人と出会いゴルフの神髄を学ぶ。3年後、週刊ゴルフダイジェスト編集部へ異動。『マスターズ』へ特派記者として指名されオーガスタナショナルへ。レッスン班のチーフとして日々編集業に張り切るが諸事情により名古屋へ戻ることに。しかし、会社の温情により名古屋営業所で勤めることを許可してもらう。この恩は仕事で返すと誓う。現在は週刊をはじめツアーやイベントなど部署を越えて日々取材を行っている。

このカテゴリーのその他の記事

ページの先頭へ戻る