温泉コンペ(了山)2_01

名古屋・栄から1時間弱でペア宿泊券をゲット?!

おはようございまーす! 東海ゴルフダイジェストのヤーマンです(^^)/

昨日の東海地方は大雨でラウンド予定が入っていた人は
大変だったかと思います(><)

でも昨日は全国的に雨模様で
日本オープンも昨日の最終日は
サスペンデッドになって21年ぶり3回目の順延!!

まさかの今日、月曜日に最終日がおこなわれるんですけど
12時からNHK BS1で放送されるみたいですが
あっ!そこのあなた!いまヤーマンと同じこと考えてたでしょ~

ボクは仕事だから、
サボりじゃなくて堂々と観ますのであしからず(^-)

さておき、今日はとんでもないイベント情報をお送りします!!

先日取材で訪れたゴルフ場に
ウソかと思うようなポスターが掲示されていたんです。

6,880円で参加できるオープンコンペで
優勝は1泊2食付のペア温泉宿泊券が当たる!?

プレー代だけでも激安だけどそこに昼食代も込み

それも参加費も込

それだけじゃなくて参加者全員
地元で穫れたお米、それもこしひかりが1キロもらえる
っていいうんですよ!!!

そのゴルフ場っていうのは
岐阜県瑞浪市にある『中仙道ゴルフ倶楽部』
<オフィシャルサイト:http://nakasendo-gc.com/>

ヤーマン、この日は名古屋駅で東京から来てもらったカメラマンさんを
ピックアップして中仙道GCに言ったんですけど
中仙道だから遠いかな~と思いきや1時間弱で現地に到着、意外に近い(^-)

う~ん、それでこの値段・・・

プレー代(昼食付)だけでも激安なのに
参加費や参加賞、さらに豪華賞品もあるこの激得のオープンコンペ

絶対にウラがあるとしか思えない!
(中仙道さんスミマセン)

なぜか記者魂に火がついて取材前に参加者を装い
フロントの女性に覆面調査をすることに(^-)

ヤーマン 「これって優勝した人だけに商品があるですか?」

受付嬢  「ほかにもありますよ」

ヤーマン 「あるっていっても、そんな豪華賞品は優勝だけでしょ」

受付嬢  「2位~5位は協賛してもらっている温泉旅館ペア会席+温泉入浴券
      6位~10位は昼食+温泉入浴券
      15位から5飛びでペア温泉入浴券
      BB賞はペア会席+温泉入浴券、参加賞は・・・」

ヤーマン 「もっ、もう結構です(^-) ほんとに6880円だけなの?」

受付嬢  「そうですけど、なにか疑問でも?」

ヤーマン 「いっ、いや、その、ほんとは他に取られたり、
      温泉旅館ってお化け屋敷みないたところだったしたりして・・・」

受付嬢  「そんなわけありませんから!!!

ヤーマン 「すっ、すみません(><)」

受付嬢  「50名限定イベント11月7日(木)
      日が迫ってますのでご予約はお早めに」

え~あくまで調査であって
茶化したわけではないので、受付の方、スミマセンでした(^-)

 

ちなみにこのイベントに協賛している温泉旅館というのは
『鬼岩温泉 了山』
<オフィシャルサイト:http://www.ryouzan.jp/>

ひょっとして知らない方もいるかと思いますが
了山、めちゃくちゃシャレてる

img_appeal1

温泉もシャレてる

img_slide01

img_slide02

温泉でペア宿泊か~~~ウフフッ(^-)

おい!ヤーマン!!
朝からいやらしいこと考えてただろ!

え~お申し込みはゴルフ場に℡してみてください。

もう定員になってたらスミマセン(><)

中仙道ゴルフ倶楽部 ℡:0572-63-3111

東海ゴルフダイジェストを観たんですけど~って
言っていただけると、スミマセン勝手にルポしてるだけなので
なにもないのであしからず(^-)

当日、ヤーマンを見かけても
「あっ!いた!」
なんて大きな声ではなく小声で言ってください(^-)

じゃ!

  • LINEで送る
この記事を書いた人
ヤーマン
thumbnail-writer-yaman
生まれも育ちも名古屋仕込み。大学卒業後、広告代理店でマーケターとして働く。その後、某ゴルフ誌の編集者になり多くのツアープロを取材する。しかし「ゴルフの奥深さをもっと追究したい」という思いが芽生えゴルフダイジェスト社へ転職。チョイス編集部に配属されギアの知識や全国各地の職人さんや見識人と出会いゴルフの神髄を学ぶ。3年後、週刊ゴルフダイジェスト編集部へ異動。『マスターズ』へ特派記者として指名されオーガスタナショナルへ。レッスン班のチーフとして日々編集業に張り切るが諸事情により名古屋へ戻ることに。しかし、会社の温情により名古屋営業所で勤めることを許可してもらう。この恩は仕事で返すと誓う。現在は週刊をはじめツアーやイベントなど部署を越えて日々取材を行っている。

このカテゴリーのその他の記事

ページの先頭へ戻る